建物の工事は専門業者へ【エネルギッシュ住TAKU】

欠かせないエネルギー

太陽光を効率よくあつめる工夫

太陽光発電が今日エネルギー源としてたいへん注目されていますが、太陽光発電するパネルが太陽光にあたればあたるほど、効率よく発電できます。そのためにパネルを取り付ける位置がかなり重要になってきます。例えば日中木の影に隠れてしまうようなところにパネルをおいてしまったとしたらそれはもう大変なことです。ですから木の影などにならないような場所に配置する工夫をしてやるとたくさん発電することができます。また、一般家庭で屋根の上などにパネルを乗せる場合斜めの屋根より平らな屋根のほうがよく発電することができます。理由は単純で、斜めの屋根だと日の出か日が沈むときのどちらかは必ず日があたらないからです。これに注意すれば効率よく発電することができます。

太陽光発電を利用する取り組み

太陽光発電は近年様々な場所で行われています。例えば田舎などでは使われていない空き地などを使ってメガソーラー発電所を作ったり、一部の大学ではキャンパスの壁や屋上に太陽光発電のパネルを設置し大学内の電気の三割程度を賄っているところもあります。このように社会全体で太陽光発電をする取り組みがなされています。太陽光発電は燃料を必要とせず、太陽が出ている限り永遠に発電することができるので、災害時などにも稼動させることができるという点が近年注目されている理由だと思います。家庭では夏場は電気代はほぼただになりますし、地球環境を保全するということでも、企業や家庭で太陽光発電のパネルを採用することをおすすめします。