建物の工事は専門業者へ【エネルギッシュ住TAKU】

点検を業者に依頼する

防火対象物点検のサービスを利用する

火災に見舞われた人が安全に避難できる様に建物を利用する事は、国の法律によって定められています。それが最低レベルの水準を超えている事を確かめるために、防火対象物点検を行う必要があるのです。防火対象物点検を行う人は専門の資格所持者でなければなりません。仮に個人が所有している物件であれば、賃貸している人が資格を備える必要があるという事になります。 全ての賃貸ビルのオーナーが、防火対象物点検の資格を持っているわけではありません。その場合には抱えている人材で対処するべきですが、個人で運営しているビルであればそれも叶いません。オフィスビルの管理者向けのサービスとして、防火対象物点検を専門に行う業者が存在しています。

大きな建物の所持者が行うべき点検

防火対象物点検を依頼すれば専門業者は期待に応えてくれます。業者に依頼するのはオフィスビルの管理人になりますが、全てのオーナーが対象になるわけではありません。防火対象物点検の実施は収容人数が大きく関係しているため、小型のビルは法律の対象外です。 300人以上を収容できる建物が、点検対象のラインになっています。複数のビルを抱えているオーナーは、防火対象物点検を何度も行う必要があるので大変です。しかしながら複数の建物を管理しているオーナーに向けられた商材もあります。複数のビルの点検をセットで依頼する事で、サービス料金を値下げできるタイプです。ビルの規模が大きくなると料金は高くなるので、値下げの見込みがあるサービスは便利です。