効果的な工事 | 建物の工事は専門業者へ【エネルギッシュ住TAKU】

建物の工事は専門業者へ【エネルギッシュ住TAKU】

効果的な工事

マンション大規模修繕はどのくらいの周期で行われるか

マンション大規模修繕は、そのマンションの規模や管理の状態によっても違ってきますが、大体10年から12年の周期で行われるのが一般的なようです。 しかし疑問に思うのが、なぜこういった決まった周期で行われるのが通常化しているのでしょうか。それはマンションの管理費などの徴収や積立にも理由があるようです。 マンションの修繕費などは積立てで計画的に徴収されます。そして一定額が貯まったところで、修繕なりの大規模な改築を行うシステムになっています。したがってこの場合、ある程度目安になる期間を設けなければ徴収する金額も決められません。 さらにそこに加えてそのくらいの周期で建物が傷んできたり、設備の保証期間が迫ってきたりという問題も出てきます。

マンションの今後の管理のあり方について

しかしいくら積立てなどの都合があるからとはいえ、マンション大規模修繕がそうそう決まった時期に必要になるとは考えにくいのが正直なところです。 やはり時期が来たらその都度、役員や管理会社を交えて建物や設備をチェックし、やる必要性を感じないなら先送りする決断もしなくてはいけません。 マンション大規模修繕は、小規模な修理と違ってかなり大掛かりなものになります。一度着手したら、騒音や設備の使用の規制などで住民にも不便が生じるはずです。 そのため、実施の時期は十分に検討した上で、皆が納得した状態で行うのが望ましいはずです。いずれにしてもマンション大規模修繕を行う時期は、積立てが満額になった事を理由に行うよりも、その建物の状態を見ながらこまめに対応していくのが理想的といえるでしょう。